青木タイセイ初ソロアルバム『primero』規格品番: EWGL-0001
価格:¥2,500(税込)
発売日: 2004/06/10
レーベル:イーストワークスエンタテインメント/GLAMOROUS RECORDS
青木タイセイのできることすべてをこのアルバムに凝縮しました!
お求めはメールでも注文できます!
VINCENT ATOMICUS『VINCENT1(L)&2(R)』
EWBE-0006 EWGL-0004
イーストワークスエンタテインメント/
グラマラスレーベルのプロデューサー、リズムマスター芳垣安洋さん主催のヴィンセントアトミクス。青木タイセイのオリジナル曲も数曲提供しています
Fernando Saunders 芳垣安洋『DEVOTION』No : ewgl-0003
価格 : \2500(税込)
Release : 2005/02/16
イーストワークスエンタテインメント/GLAMOROUS RECORDS
芳垣さんプロデュ−スのFernando Saunders(elbass)を迎えての一発セッションに青木タイセイはTb Poanica Elpfで参加しました。このセッションがきっかけで、私のソロ
アルバムの話が持ち上がったとも言えます。まさにグラマラスレーベルのきっかけとなった重要なセッションがいろいろ聴けます
広木光一『Love will Out』価格 : \2500(税込)貴重盤
Release : 1990 Lui-001 (1990) 
私、青木タイセイのデビューアルバムです。今から25年前のgt広木光一 tp原朋直 tb村田陽一 
sax竹野昌邦 bs上村勝正 ds佐野康夫 key青木タイセイと今となってはと非常に貴重なアルバムだと思います。全曲広木さんのオリジナルとアレンジです。多くの影響を私は広木さんから受けていると思ってます。自分で言うのもなんですが1曲目のシンセソロは危機迫るものを今でも聴いていると手に汗をかきます。再び繰り返えしますがこれまちがいなく貴重盤です。手に入れるのはたいへん困難になっています。数少ないですが私の手元に何枚か残ってますので御注文は当方までメールでお願いします

熱帯ジャズ楽団1st〜9th ビクターエンタテイメント
すべてのアルバムに結成当時から、2ndTromboneで参加。各アルバム2〜3曲アレンジも担当。

DCPRG
『Music from Caos』『Structure &Force』P-vine Records
『STAIN ALIVE』Colombia music ent.
今や時の人ともいえるサブカルチャーのカリスマ菊池成孔氏主催のBIG GROOVE PROJECT,青木タイセイはBrass sectionの一員としてアンサンブル、impro.に貢献
SYNCOPATION『Of Blue』
GENEON entertanment
ボストン在住のフレッシュなコーラスグループ、SOSistersの名曲Break Out,EW&FのGetaWayのアレンジとホーンセクションに参加。クリーンなセンスが光る好アルバム
ジム/OST 谷川賢作
2003 Troubadour cafe
現代の若者達の群像をボクシングの視点から描いた、山本起也監督の作品の音楽を賢作さんがプロデユース。完全ソロのtb impro収録
御注文は当方までメールまたは谷川賢作offcial HPまで
Mull House 『1st』
『Funny phenomenon in my Brain』
Mars cartel
石渡明広さんの全曲オリジナルHard jazz improvised music
林栄一さんとの2管フロントで、強力なリズム布陣に切り込む。限り無くフリーで鋭利な音のカオス
QUIPU『GRACE』

SHEZOOさんの独特なポップワールド。私のelbass初レコーディング作品
藤井郷子『past life』
LIBRARECORDS
藤井郷子さんと田村夏樹さんのオリジナル7曲を収録。書かれた音楽と即興の距離をぎりぎりまで縮めて「ジャズ」の精神性を見直したアルバム。
LIBRA RECORDS HPの解説より
御注文は当方までメールでまたはLIBRA RECORD

沖至
『Concert with Strings』
Whats new record 1998
芳垣さんの繊細なjazz playが聴けます。私は2曲ストリングスアレンジで参加。(3)I'm gettin sentimaental over you
(7)My funny Valentine
お求めはメールでも注文できます!